« 「何でおれが」 | トップページ | モラルと規律 »

2010年12月12日 (日)

菅総理VS小沢氏

 民主党での内紛が顕在化してきて、マスコミを賑わせています。民主党、あるいは政権交代を支持してきた者としてはとても複雑な気持ちです。どうしてそうなってしまうのでしょうか。残念です。

 小沢さんの政治と金の問題は重大です。しかし、小沢さんのこれまでの政治活動を考えれば、擁護することはあっても、切り捨てるやり方は菅さんにはできないはず。それに、小沢さんを切り捨てて、うまく政権を維持する算段があるのでしょうか。甚だ疑問です。

 日本の今のような時代を乗り切るには、強いリーダーシップが不可欠だと思います。田中角栄さんや小泉さんのようなカリスマが必要なのです。民主党にその力量があるのは小沢さんしかいないと思います。一連托生、そういう意気込みでまとまることができないとは、民主党は本当に情けない限りです。

 やや短絡的な発想であると予めお断りしておきますが、結局勝ったのは自民党や公明党ではなく、ましてや菅さんでもなく、官僚なのではないかと思います。かつて宇野総理が女性問題で失脚したのと同じで、小沢さんを倒すのは金の問題で十分だったということです。そういう意味では、菅さんが同様の「攻撃」を受けないのは、あまり官僚に相手にされていないということの現われかもしれません。
 菅さんは、記者会見で今年を一文字に表せば実行の「行」だとおっしゃっていましたが、実行能力がないということを本人もよく分かっておられるということだと思います。とても55年体制を打破できるような内閣のトップとは思えません。

 今後民主党が分裂するかどうか、大連立などの政局が起こるかどうかは分かりません。しかし、細川政権同様、残念ながら今回も政治の流れを変えることはできなかったと言って差し支えないと思います。
 民主主義とはいえ、資本主義である以上、お金持ちが圧倒的に優位な立場であることは明らかであり、政治も当然のようにその影響を受けるということです。弱者が救われる政治の実現を期待してはいけないのだと思います。
 官僚、政治家、大企業、経営者が世の主役であり、それ以外の人は彼らの都合のよいように利用されるだけの構造です。政治改革は絵に描いた餅であって、一般市民の不満が暴発しないよう、少しだけ期待を持たせるための道具にすぎません。それを許さないためには、一般市民がもう少し利口になることしかないと思います。(「誰がやっても同じ」とか、「どうせ何も変わらない」とか言っているうちは、永遠に状況は変わらないと思います)

 折角政権交代が実現したのに、なぜ直後の参院選で国民はNOを突きつけたのでしょう。日本にとって選挙とは、大掛かりな人気投票くらいの意味しかないということですね。こんなことなら、自民党政権のままで、民主党が野党として注文をつける構図の方がずっと良かったかもしれません。
 民主党が割れたら、日本の政治は10年くらい逆戻りそうですね。それに気づかない民主党現執行部は、自己保身しか眼中にないただの俗人だと思います。私はもう2度と支持しません。

« 「何でおれが」 | トップページ | モラルと規律 »